納得の不動産購入術

オープンハウス中の住宅で聞き込み調査!?

  • Pocket
  • LINEで送る

休日の住宅街。散歩をしていると新築戸建てが絶賛オープンハウス開催中。

 

「ちょっと気になるな~」と思いながらも、

スーツ姿で強面のお兄さんが立っていると、

「何だか営業を掛けられそうだし、今日は見なくてもいっか。。。

なんて方が多いのではないでしょうか。

 

本ブログではオープンハウス中の住宅に待機している、

不動産屋のお兄さんから得られるメリットについてご紹介します。

実は地域の事情通?ご近所さんから噂話をキャッチ

オープンハウス中のお兄さんは実は他の不動産会社より

建物のことや周辺の住環境について熟知している可能性が高いです

 

なぜならば、ご近所さんと頻繁に顔を合わせるため、

会話の中から地域の事情などの情報をキャッチしているからです。

 

街には必ずと言っていいほど、

おしゃべり好きのおばちゃんや昔話が大好きなおじいちゃんがおりますので、

そこに住んでいる人しか知らないような生きた情報が自然と耳に入ってきます。

 

また、オープンハウスをしていると、

お昼に商店街を散策したり、スーパーでお弁当を買ったり、公園で一休みしたりと、

その街に住んでいる人の生活がなんとなく見えてくるという側面があります。

トラブルメーカーや水害の有無をサラッとチェック

ご近所さんと仲良くなるとオープンハウス中にジュースなどの差し入れを頂いたりします。

 

そのような信頼関係を築いた上で会話をしていると、

「ここだけの話だけど、そこの家の人はちょっと変わっているのよ・・」

「ここは大丈夫だけど、何年か前に隣の街区で水があふれてね~」

「この辺りは元々、大地主の~さんが持っていて昔は畑だったんだよ~地盤はいいはずだよ。」

なんて、住宅を購入する方が気になるような情報をサラッと教えてくださいます。

 

そんな情報を握っているもの、

オープンハウスをきちっと行っている不動産会社ならではです。

住宅の売買契約では隣人トラブルの説明がされない!?

実は宅建業法に定められている重要事項説明においては、

お隣さんが変わっている人、例えば布団たたきおばさんのような人がいても

余程の内容でなければ説明がないのが実態です。

 

宅建業法上も売主が購入者へ説明義務を負うかというお話になると

そのような義務は負わないのが原則になります。

 

マイホームは家族の幸せを育む場所になりますので、

購入した後にお隣さんとトラブルに・・・

なんてことは何としても避けたい道です。

お隣さんってどんな人?聞き込み調査で安心の住宅購入をご提案

オープンハウスで現地に待機しているお兄さんから得られる最大のメリットは・・・

 

ご近所事情を熟知している可能性が高く、

ご近所トラブルに繋がる問題点の有無を事前に確認することができるという点です。

 

弊社ではオープンハウスを行っていない住宅でも、

売買契約前の現地調査の段階でご近所さんに挨拶周りを行い

近隣の情報やお隣さんのお人柄などを事前にキャッチして、

お客様へご提案しております。

 

不動産売買における物件の調査をご希望の際には、

不動産エージェント三浦までお気軽にご要望くださいませ。

 

  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*