納得の不動産購入術

逆ドーナツ化現象って食べれるの(´・ω・`)??

  • Pocket
  • LINEで送る

ブログをご覧の皆様こんにちは。

今回は東京で家を買うときに切っても切り離せない「資産性」について

1つ参考となる考え方をご紹介したいと思います。

社会の教科書に載っている「ドーナツ化現象」という言葉を皆さんは覚えておりますでしょうか?
 

日本においては高度経済成長期に発生した社会問題ですが、

都心部の地価の高騰、環境の悪化により中心部に居住する人口が減少し

中心部から数十キロ離れた場所もベットタウンとして人口が増加するというような現象です。

今の日本はこれとは逆の現象「逆ドーナツ化現象」が発生しているといわれております。

バブル崩壊により地価が下落し、人口も減少し始め、住宅ローンは史上最低金利ともてはやされ、

都内で働くサラリーマンでも東京で夢のマイホームが実現できる時代となりました。

このような時代背景から、

働き盛りのサラリーマンは「住環境」よりも「利便性」を重視し

都心部で住宅を購入する傾向があるようです。

また、高度経済成長期に「ベットタウン」と言われている地域で家を購入された方が

都心部のマンションにお住み替えをされるなど、積極的に資産の組み換えが行われております。

人口が減少してゆく社会の中では、

どのような立地の家を買うのか?という点が、不動産を「資産」とするのか「負債」とするのか

判断の大きな分かれ目となります。

内閣府:人口推移

出展:内閣府ホームページ「http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/0214/shiryou_04.pdf」

転入・転出 超過数

出展:総務省統計局ホームページ「http://www.stat.go.jp/data/idou/2014np/kihon/youyaku/」

購入を希望している不動産は将来の「資産」「負債」か?

お悩みをお持ちでしたら、

不動産売買専門エージェント、エルブリッジ三浦までお気軽にご相談くださいませ。

 

"不安"から"安心"へ 不動産購入のレクチャーを希望

実際に物件を見に行ってみたものの、「何となくいいね」でいつも終わってしまう、「物件の良し悪し」がいまいち分からない、「検討中の物件に気付いていないマイナス要素はあるのかな?」など、慣れない不動産探しには疑問や不安がつきもの。

資金計画においても、「今の家賃と同じ支払なら取りあえず大丈夫かな・・・」「主人だけの収入で支払は問題ないのかしら?」「固定金利と変動金利ってどっちがよいの?」など、疑問が数多くあるのではないでしょうか。数千万円という大きなお買い物での"失敗"は誰しもが避けたい道です。

不動産エージェント三浦はお客様に物件をお決めいただく前に"3つの安心"をご提案しております。

 

・FPによる教育資金や老後資金を見据えた安心の資金計画。

・相性の良い銀行は?最優遇レートは?固定 or 変動?的確なローンシミュレーション。

・お隣さんってどんな人?土地の地歴は?現場から生の声を汲み取る物件調査

 

無料にてご相談を承っております。不動産の売買で疑問やお悩みがございましたら、まずは不動産エージェント三浦までお気軽にご相談くださいませ。


面談希望日をオファー

コメントを残す

*